ETCカードでスムーズに

高速を利用するときに当たり前のように使うようになったETCカード。

昔は、このETCカードがなかったので、みんな出口で料金を精算していました。

出口で料金を精算することの弊害ってどんなことが生まれると思いますか?一番思いつくこと、そして一番の問題になることは出口で渋滞が出来ると言うことです。

入り口でチケットを貰い、出口でそのチケットから料金を割り出す。

そして、その支払いをする。

お釣りがある場合はそのお釣りを渡されるまでの時間。

結構な時間がかかります。

この待ち時間の分、出口付近では渋滞がひどかったのです。

それが、ETCカードが導入されてスムーズに車が高速に乗り降りできるようになりました。

やっていることは同じです。

ETCカードに入り口の情報が入力されて、出口でその情報を元に料金を割り出す。

けれど、ETCカードは一瞬でやってくれます。

そして支払いもクレジットなのでその場でしません。

お釣りの受け渡しもありません。

スムーズに通過するように出口を通れるようになったんですよね。

これが出口付近の渋滞の緩和に繋がったのではないかと考えています。

このメリットがあるだけでも、ETCカードの導入は正解だったと思います。

Comments are closed.