不動産売却前に知っておくべき不動産の価値の決め方

平成30年の公示地価によると、住宅地の平均地価は+0.3%となり10年ぶりに上昇しました。

商業地は+1.9で工業地は+0.8とわずかではありますが3年連続で上昇しています。

宮城県の大和町が含まれる地方圏の平均でみると商業地が+0.5で上昇していますが、住宅地は下落傾向にあります。

ただし昨年に比べて減少率は低くなっているようです。

大体の地価の動向がわかったところで知りたいのは大和町の不動産がいくらで売れるかどうかだと思います。

仲介で不動産売却をする場合は不動産業者が買い手を探してくれますが、仲介手数料がかかります。

買取では直接不動産屋が土地を買い取ります。

仲介で買い手を探す場合時間がかかる場合もありますし、中々買い手が見つからない場合もありますので、直接買取を希望する人もいます。

不動産売却では最も高額に売れるのは直接買い手に売る方法です。

ただし、実際は高額になりローンを組む場合も多いですので、会社を仲介するケースが大半です。

大和町でも不動産業者は不動産売却を様々な角度から提案されます。

不動産の使い道は多く、複数の土地をまとめて大きな商業施設が作られる場合もあります。

依頼に合わせて土地探しをする場合もありますし、不動産業者の仕事の幅は広いです。

物件の価値は需要と供給のバランスで決まっていくものです。

周辺の賑わいがあればお金の流れができ、その結果その地域は豊かになり、不動産価格も上がっていきます。

不動産の価値は人の流れが決めていくものと言って良いでしょう。

土地の価値はその地域の発展性で変化していくのです。